グルテンフリーフード

小麦不使用のグルテンフリーフードは、小麦アレルギーの症状で悩むセリアック病患者のために開発された食事です。小麦に含まれるタンパク質グルテンへの過剰な免疫反応で知られる自己免疫疾患セリアック病は、消化器系障害に加えて鉄欠乏症条や栄誉言う吸収障害、骨粗鬆症といった病気の原因になると指摘されています。健康的な生活を置く得ることから現在では、セリアック病患者だけでなくアスリートを始めとするスポーツ選手やダイエットを目指す一般の方にも取り入れられるようになりました。

日本人もグルテンとは無関係ではありません。日本では米を主食としてきましたが、古くからうどんなどの麺類の原料として麦が使用されています。また現在では食の欧風化によりパンやピザ、パスタなど料理だけでなく、ビスケットやケーキ、大豆と並ぶ原料として醤油にも利用されるようになるなど我々の生活はグルテンに依存していることになります。

そんな生活を変えられるのが、米粉です。グルテンの代用にすれば、自宅で簡単にグルテンフリーフードライフを始められます。文字通り米粒を粉末状にしたもので、小麦粉の代わりにパンやケーキ、ビスケットなどからうどんやそば、ピザの素材として使うことができます。すでに米粉用の水稲品種も栽培されるなど盛り上がりが出てきており、さらなる成長が期待されています。

米粉100%のパンも登場していますが、味や食感が気になりますよね。以前までは、小麦を原料としたパンに比較すると風味に見劣りしましたが、品種改良や粉末化技術の進歩により小麦原料のパンに負けないほど美味しくなりました。食感としてモッチリ感が強く、想像以上に膨らむためボリュームもたっぷり、一般的なパンと遜色ありません。初めて食べると違和感があるかもしれませんが、その美味しさに慣れてしまうことでしょう。

もちろんレシピは多彩です。ホットケーキやクッキー、本格的なスポンジケーキや生地といったスイーツだけでなく、春巻の皮にしてもOK、またうどんやビーフンなどの麺類としても楽しめるため、日常生活の変化を抑えながら少しずつグルテンフリーライフを始められます。また日本人の生活に欠かせない醤油の原料にも小麦不使用が増えつつあります。大豆と食塩だけを原料にしたものやそら豆と塩を原料にしたものも登場しており、自作の難しい調味料においても実践できるようになりました。またスーパーやコンビニなどでも小麦不使用食品が増えているため、表示などをチェックしてみてください。

Tags :