世の中を飛び回る健康的な食生活

“元気に健康に生きたいということは誰もの願いです。そのため、そうした健康的に生きられる食事法に関心があるという人は多いです。そのようなことから、世の中には健康的な食生活についての話題飛び回っています。そのような話題の中で昨今注目されているのが糖質制限です。糖質をカットして、たんぱく質などを積極的に摂る健康法は短期間で目に見える成果を挙げられるダイエット法としても注目されています。

体に悪い炭水化物の過剰摂取よりも、炭水化物などの糖質をひかえ、より健康的な生活を送るという考え方です。このような健康・食事は一部の医師などから支持されていて、糖質は肥満や老化原因になり、その糖質を制限することで肥満を防止したり、若々しさを維持しようというものです。また、糖尿病などの疾患を防ぐことにもなり、注目されています。

けれども、こうした糖質制限の行き過ぎは、健康な生活を送るどころか志望のリスクを高めることにもなると言った主張もあり、世の中を飛び回る健康的な食生活については、糖質を制限しすぎるのは注意が必要と言うことでもあるでしょう。厚生労働省によると、50~65%くらいの割合で糖質をとることは推奨されています。しかし、糖質制限は10%くらいにまで糖質の割合を低くするなど、行き過ぎた感などが心配されてもいます。

確かに、糖質制限には多くのメリットがありますが、上手に行わなければ長期的には健康を害してしまうリスクがあるため、この点には注意が必要です。

あるアメリカの研究では、総摂取カロリーに占める炭水化物の割合が50%から55%くらいの時に最も死亡率が低くなり、それより多くても少なくても死亡率は高まることが示唆されています。適度な量の炭水化物は長生きするためにもやはり必要と言うことです。糖質をカットすることで相対的に動物性食品のとりすぎとなり、健康に良くないのかもしれませんし、食事と健康の関係は複雑になります。しかし、糖質制限が原因で健康被害が出てしまうと割に合いません。そのため、適度に糖質を取り入れる緩やかな糖質制限がおすすめです。

長期的に糖質カットをした人が全員健康的な生活を送れているのかはまだはっきりしない部分も多いと言われます。糖質制限は健康法としても注目されていますが、世の中で話題になっているからと言って、100%良いというわけではありません。どのような食事が健康的なのかということについてはいろんな意見を参考にしていく必要があるでしょう。”

Category : 未分類
Tags :