健康的な食事の摂り方

健康・食事は、意識することが重要です。基本となる栄養素は体を動かすためのエネルギー源となる炭水化物・タンパク質・脂質、体を構成するためのタンパク質・脂質・ミネラル、体の調子を整えるためのビタミン・ミネラルをバランスよく摂取していきます。


大切なのは何をどれだけ食べれば良いのかで、何をどれだけ食べるれば良いのかの具体的な目安としては厚生労働省・農林水産省が推奨する「食事バランスガイド」を参考にすることがオススメです。


食事バランスガイドでは主食・副菜・主菜・牛乳と乳製品・果物に分けられています。理想的な食事の摂り方としては、主食・副菜・主菜を朝昼晩の食事ごとに3:4:3または3:3:4の割合で食べるのが良いとされています。牛乳と乳製品、果物は間食として摂り入れます。


主食はご飯・パン・麺類のどれでも良いのですが、主食中心でお腹を満たすことは避けるようにしていきます。主食中心の食事はどうしても栄養バランスが悪くなるだけではなく、血糖値が上昇しやすく脂肪になりやすいため肥満につながる可能性が考えられます。


副菜は、和え物・煮物・炒め物などを毎食2品ずつ取り入れることを目安とします。特に野菜を中心とした副菜が理想的で、忙しい朝に食べられないというときには野菜ジュースを副菜代わりに取り入れることがオススメです。


主菜は、肉・魚・大豆製品・卵を1日の食事で満遍なく取り入れるのが理想です。特に大豆製品と魚は毎日取り入れることが健康を意識する場合に良いとされています。大豆製品は納豆や豆腐、目玉焼きや卵焼きなどで朝食に取り入れるようにして、昼食と夕食に肉と魚を組み合わせると理想的なバランスの食事を摂れます。


牛乳と乳製品、果物をデザートとして取り入れるのも良いとされていますが、デザートを食べる習慣がないという場合には、間食に取り入れていきます。このように果物や牛乳などを意識して摂取することで食事だけでは足りないカルシウムやビタミン類を補えます。


また、健康・食事の食事の摂り方としては、食事内容だけではなく食事の時間帯にも注意して食べることが大切です。


食事の基本は腹八分目を心がけて1日3食、規則正しく食事することが健康へとつながります。規則正しい食事をすることによって、適性体重を維持することができたり生活リズムが整って、腸内環境が整えられるため便秘を予防することができ、自律神経の乱れを防いで気持ちが安定します。

Category : 未分類
Tags :